ホーム>塗料の話>目的に合った塗料
塗料の話

目的に合った塗料

 

一口に塗料と言っても膨大な種類の中から

自分がやりたいことを実現できるものを選ばなくてはならない

私とてすべての塗料を触ったわけではないので知り尽くしている

訳ではないがメーカーが何をさせたくて作っているかを考えれば答えに行き着く

作る側には目的があり私たちは用途を開発する側にいるので

利害が一致したとき目的に合った塗料となる

選定基準は

目的の材料に密着するか

出したい色のバリエーションが揃っているか

耐候性が必要条件に当てはまるか

目的の質感が出せるか

強度に問題がないか

塗りたい方法で塗れるか

これらの事を考え塗料を選定しなければならない 

木材に塗る

アルミに塗る

ステンレスに塗る

プラスチックに塗る

石に塗る

陶器に塗る

土に塗る

コンクリートに塗る

紙に塗る

さて何が必要ですか

ページ上部へ