ホーム>色の話>調色と塗装は足し算か
色の話

調色と塗装は足し算か

 

赤黄白黒の4色でできている色の赤が行き過ぎた場合

足し算の感覚では赤が引けないからやり直しになる

しかしながら赤以外の要素を足してあげれば全体の塗料の

量は増えるけど擬似的に引き算が成立する

比率を下げる仕組みだ

まあやっていることだと思います

ここで大事なのはほかの要素をすべて入れなければ完成しない

ということです

白が行き過ぎたら黒を足すと考えたらゴールできません

それは足し算です

塗装の場合は引き算が完全にできないので足し算です

しかしながら顔料を極端に言えば明るい、暗いを繰り返し

立体的に着色する人もいます引き算ではないが面白い

アプローチの仕方です

そんなことを考えて色に挑みます 

ページ上部へ