ホーム>ケーニッヒ補修材>電子温調コテとホットナイフ
ケーニッヒ補修材

電子温調コテとホットナイフ

電子温調コテは軽量で扱いやすい設計です

温度の調整もボッチをスライドさせるだけなので簡単です

ヘッドは小さく薄型なので細かい作業がしやすいです

特に木目などを充填材で表現するとき 作業性の良さを

感じます。 

温度の調整はこの補修システムにおいて重要です

まず必要以上の熱によるストレスは歓迎できません

充填ワックスは種類によって融点が違います

70度~120度位で設定されています

ですが温度調整のないコテは400度まで加熱されます

水みたいに溶けきってしまったワックスは元に戻るのに時間がかかる

だけでなく組織的にも良い影響を与えません

必要な温度で溶かすが正解です

私は余程の事がない限り電子温調コテを使います

温度管理が大切だと思っているからです

垂直方向の部材の充填も垂れることなく行えます

しかしながら電気の不自由な現場ではホットナイフを使わなくてはなりません

ガス式のコテです

ケーニッヒのホットナイフは付属のキャップで火花を散らし

着火します 原始的な構造のため故障が少ないです

私はめんどくさいのでライターで着火しています

コテ先は正直スペシャルブレードを装着しないと仕事になりません

このスペシャルブレードは良くできていて使用感は電気コテと同じです

ヘッドの形状が同じなので使いやすいと思います

温度調整はお尻についているダイヤルをひねって行います

ミニマムにしても高温なので濡れたウエスを用意してジュッと押し当て

コテ先の温度を下げて使いたいです

コテ先について

コテ先の素材は真鍮にメッキしてあります

使用頻度が多ければそれだけ早く劣化してメッキが剥がれ

真鍮が出てきます 真鍮は銅の合金なので酸化すると

緑色のさびが発生します

これが色に影響を与えるので早めの交換をお勧めします

コテ先だけの販売をしています

これからアップしますが

純銀のコテ先もございます 無垢なので剥がれもなく

研ぐこともできますのでそのようなことが気になる方には最適です

純銀なので6300円と少々高価ではありますが

興味のある方はお問い合わせください

ページ上部へ