ホーム>色の話>原色と配合色
色の話

原色と配合色

塗料として売られているものには原色と配合色がある

原色はその色の顔料もしくは染料が反映している固有の色です

配合色は原色を混色してできている色です

ケーニッヒのハードワックスは100色程度用意されていますが

原色となると何色もあるわけではありません

ならば何色かの原色だけ持って現場で作業できるかという疑問を

持つでしょう

答えはイエスですが対象物の近似色から色を作った方が

明らかに作業スピードが上がるので代表的な色は持っていたいものです

初心者は持つ色が多いことも武器になります

色は混ぜたら濁るが原則なので鮮やかな原色は難題を解く

鍵になります

色を選定するときは原色か配合色か検討をつけることが大事です

持つ色を絞るときも同じです

ページ上部へ