パテの話

パテ

 

パテは凹んだ表面を平らにする材料ですが

これもまた種類が豊富です

ケーニッヒの充填剤もパテに分類されるものです

常温硬化型パテとでもいうのでしょうか

この様な熱による変化で使用するパテは珍しく

以下のパテが普及品です

ポリパテ

ラッカーパテ

エポキシパテ

水性パテ

光硬化形パテ

瞬間接着剤

ざっとこんな種類があります

普通は強度、表面の再現性、扱いやすさなどを考えチョイスします

ポリパテはポピュラーな材料でオールラウンドな働きをし

ケーニッヒのレックスリートもこれに分類されます

表面の再現性に優れ硬化も早く扱いやすいです

でも何でもできるかというとそうではなく傷が深ければ

あんこにエポキシを入れたり工夫しなければなりません

また爪に引っかかるかどうかの微妙な傷の場合はラッカーパテの

方が優位です

パテワークは下地処理の中では最も重要な工程なので

パテの特徴を把握し適切なチョイスをして欲しいと思います

追記

パテを使って膨らみや形を表現することもあります 

ページ上部へ